商品点数:0点
合計金額:0円(税抜)
カートを見る
  • 定期購読のご案内
  • 学割!健康教室のご案内
  • 健康教室「見本誌」の申込み

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

Web限定コンテンツ一覧

対談☆見て触って学べる掲示物作り

養護教諭の先生方は多忙な中、さまざまな工夫をして掲示物を作られていると思います。子どもたちが見るだけではなく、足を止め、学びになるための掲示物を作るには、ご苦労も多いのではないでしょうか。このコーナーでは「掲示・・・

続きを読む

著者インタビュー一覧

近日公開!

「健康教室」でお馴染みのあの先生に編集部が独占インタビュー!? 連載に込められた先生の思いをお伝えいたします。  

ただいま製作中!一覧

近日公開!次の新刊は…???

現在、製作中の新刊情報をHP限定で一足お先にお届け!! 製作中ならではのレア情報も…??


ドラッグなんていらない

ドラッグなんていらない

出会ってしまう前のきみに伝えたいこと


著者:水谷修
ISBN: 4-8278-1273-X
定価: 本体価格 2,000円 +税
数量:
小学校高学年からを対象とした「薬物乱用防止教育はじめの一歩」
薬物乱用防止……小学生には少し難しい内容かもしれません。
だからお父さんお母さんが、一緒に読んであげてください。この現実から目を背けることなく、自分たちの問題として向き合うことが、ドラッグの魔の手から我が子の未来を守ることにつながるのだと思います。

目次

1.ドラッグってどんなもの  
 (1)やるとやめられないもの  
 (2)やると捕まるもの  
 (3)2つの顔をもつもの

2.ドラッグの種類は  
 (1)タバコ---もっとも人に迷惑をかけるドラッグ  
 (2)アルコール---世界で一番乱用されているドラッグ  
 (3)シンナー---骨までどかしてしまうドラッグ  
 (4)覚せい剤---いま、みんなに迫っている悪魔のドラッグ  
 (5)MDMA(エム・ディー・エム・エー)---これから、みなさんをねらってくるドラッグ  
 (6)大麻(マリファナ)---人を無気力人間にしてしまうドラッグ  
 (7)LSD(エル・エス・ディー)---あっという間に人を狂わせるドラッグ  
 (8)ガス---脳を破壊しつくすドラッグ  
 (9)ヘロイン---史上最強の悪魔のドラッグ  
 (10)コカイン---死ぬまでやめられないドラッグ

3.ドラッグについてのウソ・ホント  
 (1)すべてのドラッグが危険というわけではない  
 (2)ドラッグには安全な使い方がある  
 (3)ドラッグはすべて気持ちの良くなる薬である  
 (4)ドラッグは一度くらいなら使っても大丈夫である  
 (5)ドラッグはストレスを解消させてくれる  
 (6)ドラッグの依存症になる人間は、弱い人間である  
 (7)ドラッグを使うとやせることができる  
 (8)ドラッグなんてすぐにやめることができる  
 (9)ドラッグは遊ぶことのできるものである  
 (10)ドラッグをやるのは、かっこいいことである  
 (11)ドラッグを一度でも乱用すれば、人間をやめることになる  
 (12)ドラッグに関して、寝た子は起こすな

4.誘われたら  
 (1)知らない人に誘われたとき  
 (2)怖い人や好きな人、友だちから誘われたとき   
  1 話題を変える   
  2 壊れたレコード大作戦   
  3 3D作戦   
  4 逃げる

おわりに

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

第43回 学校保健ゼミナール講演集

定価:本体価格 781 円+税

商品点数:0点
合計金額:0円(税抜)
カートを見る

イベントカレンダー詳細

12月
12
3
45678
9
10111213
141516
    17
    181920212223
    24
    2526
    27
    28
    29
      30
        31

          ※赤字は休業日です

          保健ゼミナール一覧

          第56回学校保健ゼミナール

          ※ホームページからのお申し込みは終了いたしました。お問い合わせは学校保健ゼミナール事務局(TEL.03-5228-6311)までお願いいたします。 ▶▶▶印刷用PDF 主催・学校保健研究会/2017年度 ・・・

          続きを読む

          • イラストダウンロード
          • 電話相談室
          • 学生向けコンテンツ
          • 原稿募集
          • 電子書籍