商品点数:0点
合計金額:0円(税抜)
カートを見る
  • 定期購読のご案内
  • 学割!健康教室のご案内
  • 健康教室「見本誌」の申込み
  • 健康教室「最新号」の立ち読みをする
  • 身近な職務のアンケート みんなの平均はどのあたり?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

Web限定コンテンツ一覧

対談☆見て触って学べる掲示物作り

養護教諭の先生方は多忙な中、さまざまな工夫をして掲示物を作られていると思います。子どもたちが見るだけではなく、足を止め、学びになるための掲示物を作るには、ご苦労も多いのではないでしょうか。このコーナーでは「掲示・・・

続きを読む

著者インタビュー一覧

近日公開!

「健康教室」でお馴染みのあの先生に編集部が独占インタビュー!? 連載に込められた先生の思いをお伝えいたします。  

ただいま製作中!一覧

近日公開!次の新刊は…???

現在、製作中の新刊情報をHP限定で一足お先にお届け!! 製作中ならではのレア情報も…??

読者レビュー一覧

健康教室

健康教室 2018年7月号
話題が豊富!紙質も 変わり読み応えがあ ります。

第55回学校保健ゼミナール多様な課題を抱える学校・子どもたちと養護教諭

終了しました
日 時
2016年8月5日
2016年8月6日
会 場
ニッショーホール(東京)

講座内容

8月5日

第1講座

子どもたちに伝えたいおもてなしの心

  • 【講師】
     筑波大学・大学院客員教授
     Global Manner Springs 代表 江上いずみ先生
日本の文化「おもてなしの心」について、「サービス」と「おもてなし」の違い、「おもてなし」とは何か、児童生徒に伝えたい「おもてなしの心」をCA時代のエピソードも交えお話いただきました。

第2講座

子どもの成長曲線から見えること~記録のとり方、読み方、事例など~

  • 【講師】
     女子栄養大学・教授
     小林正子 先生
「成長曲線」をていねいに記録することで、病気の発見、肥満ややせ、心の問題などを早期に見つけることができます。「成長曲線」は記録するだけではなく、読み取ることが重要であることを多くの事例とともにお話しいただきました。

第3講座

養護教諭が知っておきたい「ネット・スマホ・SNS」~子どもたちの「平成25年問題」とは~

  • 【講師】
     千葉大学教育学部教授(教育方法学・授業実践開発)
     藤川大祐 先生
子どもたちのネット・スマホ・SNSの利用の実状について、またネットいじめ、犯罪被害についてなど、動画も交えてお話いただきました。

第4講座

夜回り先生、なんでドラッグを使ってはいけないんですか?

  • 【講師】
     花園大学客員教授
     水谷 修 先生
長年、若者の薬物問題に取り組む「夜回り先生」に、薬物がなぜいけないのか、予防教育のあり方、誘われたときの対処方法までを具体的にお話しいただきました。ご自身が出会ってきた子どもたちの哀しみや、真摯に対峙してきた経験を踏まえたお話には説得力があり、涙が止まりませんでした。

8月6日

第5講座

性別からみる多様性と人権~LGBTを超えて~

  • 【講師】
     ダイビーノン代表
     飯田亮瑠 先生
心身の不調を訴えて保健室を訪れる子どもたちがいますが、その課題の裏側には「性別」に関するしんどさが隠されていることがあります。講演では、性別違和を切り口に、性や多様性についてお話しいただきました。生きづらさを抱える子どもに向き合う見方について、多くの気づきや学びがありました。

第6講座

スポーツにけがはつきもの? 学校における重大事故を防ぐ

  • 【講師】
     名古屋大学大学院教育発達科学研究科・准教授
     内田 良 先生
柔道や巨大な組み体操などでの重大事故の発生メカニズムや、学校でとりうる防止策についてお話しいただきました。

第7講座

ほけんしどうって、たのしいね! 子どもの心をつかむ、幼稚園での保健指導と教材作り

  • 【講師】
     札幌市立はまなす幼稚園・養護教諭
     宮崎真紀 先生
「保健指導はなにより楽しいものでなくては!」。そんな思いから誕生した保健指導用のオリジナル・キャラクターをはじめ、子どもの興味をひくためのアイデアや教材作りのヒントについて、具体的な実践内容を交えてお話しいただきました。

参加者の声

  • 人と接する仕事をしている人間として大事なこと、おもてなしについて学び考えさせられた

  • グラフの具体例がたくさん出され、いま一番知りたい内容としてとても勉強になった

  • 成長曲線を描くことの重要性が本当によくわかった

  • 全ての先生に一度は聞いてほしいと思った

  • ご本人の体験に基づくお話がわかりやすく、学校関係者に聞いてほしいと思った

ご講演内容については第1、3~7講座:『健康教室』2016年11月増刊号、第2講座:『健康教室』2016年11月号に掲載しております。