教室へ行かれない子どもたちとともに

教室へ行かれない子どもたちとともに

―保健室登校・不登校・ツッパリ・いじめ―


共編:藤田和也/長野県教職員組合養護教員部・保健室づくり、養護教諭の教育実践のすすめ方検討委員会
ISBN: 4-8278-1017-6
定価: 2,357円 (税込)
申し訳ございませんが、本商品は絶版となりました。
保健室登校の子どもたちと、ともに過ごした先生方の様々な試みと分析。子どもたちに寄り添った保健室のあり方を示す実践の書。

目次

第1章 調査から見えるもの  
 はじめに〜不登校の段階と対応  
 長野県の不登校・保健室登校の実態   
 養護教諭の保健室登校指導の実態  
 子どもたちから見た保健室  
 まとめ

第2章 教室へ行かれない子どもたちとともに  
 [小学校]  
病気に負けそうになる唯ちゃんと    
 分析・病虚弱児への保健室での対応  
はじめての保健室登校にとまどいつつ    
 分析・母親役を演じながら自信を育む   
気持ちの休まる場所を求めていた恵ちゃん    
 分析・訴えをていねいに聞き取る   
学校へ来られなくなった綾さんと    
 分析・教師の素直なかかわりが子どもの心を開かせる   
ショックと寂しさにゆれる麻美さんを支えて    
 分析・保健室登校から教室へ   
いじめられても登校し続けた正彦君を支えて    
 分析・いじめと保健室   
教室に行けない子どもたちの問題が全職員の課題になるまで    
 分析・担任との連携から学校体制づくりへ  

[中学校]   
保健室の鍵    
 分析・開かれた保健室をどうつくっていくか   
自分の気持ちを表現できず手を出してしまう健君とともに     
 分析・ツッパリの子に常にあたたかい言葉と視線をかけ続けて   
和子さんに寄り添いきれずに    
 分析・自分を見つめ、相手を見つめ、夢を育む   
受験学力の重圧に耐えかねて     
 分析・困難を乗り越える力を引き出す支援

第3章 座談会「保健室登校にどうかかわるか」  
 第I部 保健室に来る子をどうみるか  
 第II部 保健室登校の子にどうかかわるか  
 第III部 家庭や教職員との連携について

第4章 保健室登校と養護教諭

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

養護教諭の教育実践の地平

定価:本体価格 2,200 円+税

不登校・高校中退、その後

定価:本体価格 781 円+税

保健室登校の研究

定価:本体価格 876 円+税

商品点数:0点
合計金額:0円(税抜)
カートを見る

イベントカレンダー詳細

1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

※赤字は休業日です