イベントカレンダー

2022年8月のイベントカレンダー
1
2
3
    4
      5
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31

      ※赤字は休業日です。

      2022年08月01日 〜 2022年08月02日 【東京】第10回全国特別支援学校養護教諭キャリアアップ研修会
      期日 2022年8月1日(月)・2日(火)
      会場 国立オリンピック記念青少年総合センターセンター棟501号室(東京都渋谷区)およびオンライン *感染状況によって、オンラインのみの開催となる場合があります。
      ●内容/〔1日〕講演1「養護教諭の現状と課題(仮題)」松﨑美枝(文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課健康教育調査官)、講演2「医療的ケアに関する法改正を踏まえた、養護教諭に求められること(仮題)」齋藤綾子(文部科学省医療的ケア対策専門官)、講演3「特別支援学校養護教諭が知っておくべき、てんかんの基礎と最新の治療について」須貝研司(ソレイユ川崎)、講演4「人工呼吸器等、医療機器を必要とする子どもの災害時対応~学校で取り組めることや福祉避難所としての在り方について~」中村知夫(国立成育医療研究センター)、講演5「医療的ケアをめぐる今~これまでとこれから~」下川和洋(NPO法人地域ケアさぽーと研究所)〔2日〕講演6「ヒヤリハットの事例からみる医療的ケア~養護教諭としての具体的な観察項目と管理・リスク・緊急時対応の基礎~」石井光子(千葉県千葉リハビリテーションセンター)、講演7「【地域で暮らす】ということ」鈴木祥子(特別支援学校卒業生保護者)、講演8「障害のある子どものセクシャリティ教育」伊藤修毅(日本福祉大学准教授)、実践発表①「人工呼吸器」白井紀子(沖縄県立泡瀬特別支援学校)、②「健康診断」西田恵子(鹿児島県立出水養護学校)、③「保健教育」石浜百合(茨城県立協和特別支援学校)
      ●参加申し込み・参加費振込み/(1)申し込み・振込み締め切り:2022年7月8日(金)(2)参加申し込み方法:右のQRコードもしくはhttps://forms.gle/szbmkeq8BSdNJ7WU7の参加フォームから入力。登録したメールアドレスに「参加確認通知」が届きます。
      (3)参加費:4,500円(研修テキスト送料込み)*7月9日以降は返金できませんのでご注意ください。
      ●詳細・お問い合わせ/全国特別支援学校養護教諭キャリアアップ研究会HP https://zentokuyoken.wixsite.com/my-site
      2022年08月05日 【鹿児島】JKYBライフスキル教育ワークショップかごっま(鹿児島)2022
      日時 2022年8月5日(金)9:30~17:00、6日(土)9:15~16:30(2日間)
      会場 宝山ホール(鹿児島県鹿児島市)
      ●内容/一人ひとりの子どもたちの健全な発達を支援できるように、レジリエンシー(しなやかに生きる心の能力)、ライフスキル(対人関係スキル、意志決定スキルなどの心理社会的能力)、セルフエスティーム(健全な自尊心)、いじめ防止、メンタルヘルスなどに関する教育の具体的進め方について、講義と演習を通して研修する。
      ●講師/川畑徹朗(神戸大学名誉教授)、宇佐見美佳(羽衣国際大学准教授)ほか
      ●参加費/〔一般〕両日参加8,000円、1日参加5,000円〔JKYB会員及び学生〕両日参加6,000円、1日参加4,000円(参加費にはテキスト代1,000円を含みます)
      ●申し込み方法/メールのみの受付となります。下記の必要事項をご記入のうえ、申し込み先メールアドレスに送信してください。(申し込み締切:2022年7月24日(日))【申し込み先メールアドレス】jkybws-kagoshima@memoad.jp【件名欄】「WSかごっま2022申込〈氏名〉」とご記入ください。(例)WSかごっま2022申込川畑徹朗【参加申し込みメール必要事項】①氏名②ふりがな③所属(勤務先等)④職種⑤連絡先電話番号⑥連絡先メールアドレス(パソコンのアドレスのみ、携帯のアドレス不可)⑦希望コース(初参加者コース、経験者コース のいずれか)⑧JKYB主催のワークショップ参加経験の有無(ある、ない のいずれか)⑨会員番号(JKYB会員のみ)⑩1日のみの参加者は参加予定日
      ⑪テキスト(第27回JKYBライフスキル教育・健康教育ワークショップ報告書)の有無
      (ある、ない のいずれか。テキストをお持ちの方は当日ご持参ください。受付で1,000円を返却します)*⑥のアドレスにプログラム等を配信します。そのため、携帯電話のアドレスではなく、パソコンのアドレスをお知らせください。*申し受けた個人情報は本ワークショップ以外には使用しません。「連絡先メールアドレス」はご案内の送付のみに使用します。お差し支えなければご自宅のアドレスをお知らせください。
      ●問い合わせ先/JKYBライフスキル教育研究会事務局 〒664-0836 兵庫県伊丹市北本町2-55-1 クレール北本町102 川畑徹朗方 TEL./FAX.072-744-3665 jkybls@kfy.biglobe.ne.jp *電話はお問い合わせのみで受付はいたしません。
      2022年08月05日 〜 2022年08月06日 【オンライン】第59回学校保健ゼミナール
      第59回学校保健ゼミナールをオンライン開催します。
      2022年08月07日 【東京・オンライン】第50回全国養護教諭サークル協議会研究集会
      日時 2022年8月7日(日)9:30~16:00
      会場 日本体育大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区、参加形態は会場及びオンライン)
      ●内容/記念講演「今若者に求められる性教育を考える」大貫詩織(助産師、思春期保健相談士、性教育YouTuberシオリーヌ)、基調提案、分科会 (対面参加:先着50名) 〔記念講演〕「性の話をもっと気軽にオープンに」をモットーに、性教育YouTuberとして活動する「シオリーヌ」さんこと大貫詩織さん。助産師・思春期保健相談士の資格を持ち、学校などでの講演会、イベント登壇等多岐にわたって、性に関する正しい知識を発信し活動されています。その原動力は「自分の体や健康、安全を守るための知識を届けること。すべての人が自分らしい人生を歩めるように応援したい」という強い思いです。 そんなシオリーヌさんのYouTubeチャンネルは若者を中心に14.7万人(2021年5月現在)もの人がチャンネル登録をしています。それだけ支持されているのは何故なのか? シオリーヌさんのお話から、若者が求めている性教育についてともに考えていきましょう。〔分科会〕全養サは今回、第50回集会という大きな節目を迎えます。全養サにおいて、分科会はその学びの中心となってきました。第49回集会までは、性に関する指導も含め、発達段階に応じた「健康認識」、「保健室でのかかわり」、「自治活動」についてなど、複数の分科会を設定してきましたが、今回はコロナ禍である現状を踏まえ、一つの分科会として行います。 長引くコロナ禍において、失われた日常は数え切れません。顔を合わせ、保健室での悩み、子どもたちのこと、学校のことを語り、学び合ってきたサークル活動も、コロナ禍以前のようにはいかない状況が続いています。分科会も3年ぶりとなってしまいましたが、全養サが大事にしてきた「子どもの実態から出発する・子どもを丸ごととらえる」という原点を確認し、討論を通して学ぶことの意味や大切さを再確認し運営していきたいと考えています。 これまで全養サに集って学んできた養護教諭たちが大切に積み上げてきたことを土台とし、全養サでこそ得られる深い学びをみなさんで共有しましょう。 ※提案レポートは、現時点では「小学校の保健室での子どもとのかかわり」についての内容です。レポート名は6月中に全養サホームページに掲載予定です。申し込み前にご確認ください。 
      ●参加費/〔対面参加:先着50名〕5,000円〔オンライン参加〕サークル員4,000円、一般4,500円、学生2,000円 ※すべての参加費に当日資料、レポート集・報告集、「50年のあゆみ」を含みます。
      ●申し込み方法/あらかじめ以下のURLからGoogle Foamにアクセスして、必要事項(名前、住所、所属、サークル名、参加方法等)を入力した上で、申し込み・振込期限(7月30日)までに参加費をお振り込みください。〔対面参加URL〕https://forms.gle/dy2ixqFcH7djBFkf6〔オンライン参加URL〕https://forms.gle/gRNzNBoeE7RjpeeN9 〔参加費振込先〕ゆうちょ銀行 口座番号:00960-9-80416 加入者名:全国養護教諭サークル協議会 ※参加費納入の確認ができた後、参加者には資料送付、参加方法や注意点等を連絡します。
      ●問い合わせ先/全国養護教諭サークル協議会事務局長・中込美惠子、第50回研究集会実行委員長・三枝泉 50zenyosa@gmail.com
      2022年08月08日 〜 2022年09月05日 【オンライン】全国養護教諭連絡協議会第24回研修会
      ●開催方法/WEB開催(動画配信)。配信サービスを使用し、動画視聴形態で開催します。
      ●動画配信期間/2022年8月8日(月)~9月5日(月)*1講演120分(約60分の2分割)で、分割視聴となります。ただし、それぞれの視聴は、配信期間中1回のみとなります。
      ●内容/「子どもたちと生命倫理について考える―海外渡航移植と国内臓器提供―」「小児新型コロナウイルス感染症のこれまでとこれから」種市尋宙(富山大学学術研究部医学系小児科学講師)、「身近な解剖学―からだの仕組みを楽しく学ぼう―」樋口桂(文京学院大学保健医療技術学部教授)、「対応が難しい保護者への理解と対応―アンガ-マネジメントの活用―」本田恵子(早稲田大学教育学部教授)、「救急医から伝える救急処置のコツと、学校における救急対応計画(Emergency Action Plan)の策定」本間洋輔(千葉市立海浜病院救急科主任医長、NPO法人ちば救命・AED普及研究会理事長)
      ●参加費 5,000円/(4講演一括)
      ●参加申し込み/(1)期間:2022年6月22日(水)10:00~2022年7月15日(金)17:00まで(2)方法:全国養護教諭連絡協議会HP(http://www.yougo.jp、右のQRコードからもアクセスできます)内の「第24回研修会申込フォーム」からお手続きください。(3)取消について:入金後、動画配信期間内未視聴の場合でも、参加費の返金対応はいたしかねますので、必ずご視聴ください。
      ●その他/(1)今回の開催は、予め録画した講演等の映像を動画配信します。インターネット環境下にあるパソコン、スマートフォン、タブレット等でご視聴いただけます。(2)動画視聴時間:全480分。カテゴリー別(講演別)の分割配信となっています。動画配信期間内のご都合の良い時間に、カテゴリーごとの分割視聴ができます。ただし、それぞれのカテゴリーは1回のみの視聴となりますのでご注意ください。 
      ●連絡・申し込みに関する問い合わせ先/全国養護教諭連絡協議会事務局 〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8  日本女子会館4F TEL.03-3433-5767 FAX.03-3433-5768 z-yougo@orion.ocn.ne.jp
      2022年08月09日 【オンライン】男性養護教諭友の会研修会
      スピンオフ企画第2弾「Tag Team Relay-tionship2022」
      期日 2022年8月9日(火)10:00~16:00
      会場 zoomアプリでの双方向オンライン
      ●対象/現職・退職養護教諭、養護教諭を目指す方、男性養護教諭に関心のある方(性別不問)
      ●定員/200名(先着予約制)
      ●参加費/一般1,000円、学生500円
      ●内容/『Tag Team Relay-tionship2022』1「男性養護教諭×セクシュアリティ教育」、2「フィジカルアセスメント」、3「1+1=10?100?―複数配置を考える―」、4「先生、聞いてくださいよ。はい、なんでしょう。」、5「養護教諭にとっての『指導』って??」、6「会長挨拶~男性養護教諭友の会の成り立ちを添えて~」
      ●申し込み方法/下記Google formのURLにアクセスの上、必要事項を記入して送信してください。なお、お名前・ご所属・職種は、参加者に配布する名簿に記載させていただきます。予めご了承ください。【URL】https://forms.gle/dyaAyq8R368NnP3q7 ※Google formからのお申し込みが難しい場合は、以下の項目を明記し、下記問い合わせ先までメールでお申し込みください。①名前②所属③職種④電話番号⑤メールアドレス
      ●申し込み期限/2022年7月31日(日)※定員になり次第締め切り
      ●問い合わせ/男性養護教諭友の会研修会実行委員会事務局 〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉6-4-1 釧路市立阿寒湖義務教育学校後期課程 養護教諭 望月昇平(もちづき・しょうへい) TEL.0154-67-2529 FAX.0154-67-2539 myt.TTR2022@gmail.com
      2022年08月10日 〜 2022年08月11日 【山形・オンライン】日本健康相談活動学会第17回夏季セミナー(第2報)
      日時 2022年8月10日(水)12:30~16:30(交流会は18:20まで)、11日(木祝)9:15~15:05
      会場 山形大学小白川キャンパス (山形県山形市)
      ●内容/〔10日〕講義1「学校における教育相談とは何か?~教育相談による効果的な支援・ホワイトボード教育相談の活用~」佐藤節子(山形県スクールカウンセラー、元山形大学教授)健康相談と関連する「教育相談」の目的、意義、内容、方法等について基本的な理解を深めます。さらに「健康相談」との相違を明らかにし、子供の心身の健康課題解決に対応する教育相談について学ぶ機会とします。講義2「『医療的ケア』に関わる省令改正とその背景を理解する」下川和洋(NPO法人地域ケアさぽーと研究所理事)令和3年8月、学校教育法施行規則の一部を改正する省令が施行され、学校に「医療的ケア看護職員」が配置されることとなりました。この省令は、教員と連携協働しながら不可欠な役割を果たす支援スタッフとして、新たにその名称及び職務内容が規定されました。そこでその内容を深く理解し、学校における医療的ケアが必要な児童生徒の、円滑な支援のための養護教諭の在り方を探ります。講義3「健康相談・健康相談活動の歴史、定義、法的根拠とは」三木とみ子(本学会理事長、女子栄養大学名誉教授)養護教諭が行う健康相談・健康相談活動は、その職務の特質を活かして、保健室の機能を十分に生かし、子供たちの身体症状や訴えを受け止め、処置をしながら問題の背景要因を分析・判断し対応を進めていきます。ここで、「健康相談活動」「健康相談」の定義、歴史、用語解釈等について基礎、基本等について学びます。〔11日〕講義4「健康相談・健康相談活動のプロセス及び方法を学ぶ」大沼久美子(本学会調査担当特命理事、女子栄養大学教授)保健室に来室する子供の多くは身体症状を訴えてきます。身体症状を的確に判断する初期対応、背景要因の分析、養護教諭の職務や保健室の機能を活かした心身の対応、その後のフォローなど、健康相談活動を効果的に進めるためのプロセスについての基本を学びます。演習1「心身の観察・背景要因の分析・判断・対応について学ぶ」三木とみ子、大沼久美子、第Ⅶ期研修運営委員会理事・演習サポーター(子ども健康相談士上級取得者)講義4を受けて特に初期対応で行うヘルスアセスメントの方法について、「アセスメントシート」を活用し、心身の観察・背景要因の分析・判断・対応について学びます。演習2・3「養護教諭の職の特質・保健室の機能を生かした支援の方法を学ぶ」三木とみ子、大沼久美子、第Ⅶ期研修運営委員会理事・演習サポーター(子ども健康相談士上級取得者)講義4及び演習1を受けて養護教諭の職の特質や保健室の機能、解決のための支援及び連携、コーディネーター的役割などの在り方を、模擬体験の演習を通して学びます。
      ●対象/両日ともに、会員・非会員を問わず参加できます(1日のみの参加も可能)。定員:100人程度
      ●参集型・オンライン参加について/参集型参加:開閉会式、講義1~講義4、演習1~演習3、交流会 オンライン参加:演習1~演習3は会場の様子を配信、交流会はオンライン
      ●参加費/〔事前申し込み:7月8日まで〕2日間6,000円、1日目/2日目のみ各3,000円、学生(院生除く)2,000円〔7月9日以降の申し込み(参集型のみ)〕2日間7,000円、1日目/2日目のみ各3,500円、学生(院生除く)2,000円〔その他〕お弁当代1,000円(11日分:事前申し込みのみ)、資料集1,500円(郵送料込み)
      ●申し込み時の確認事項/オンラインで参加する方は、準備の都合上、2022年7月8日(金)締め切りです(※参加費には夏季セミナー資料集・修了証の郵送料が含まれます)。参集型で参加する場合も、可能な限り7月8日までに申し込みをお願いします。7月9日(土)以降に申し込んだ方は当日会場にて参加費をお支払いください。
      ●参加申し込み方法/Web申し込みのみ。https://forms.gle/d3CnR48C3BmXkvhd8にアクセスし、必要事項を入力のうえ送信してください。【必要事項】①氏名(ふりがな)②メールアドレス(添付ファイルが送受信できるもの)③所属先名称④会員種別:学会員・非会員・学生(院生を除く)⑤連絡先住所:自宅・勤務先のいずれか(郵便番号・都道府県名から表記。オンライン参加の方には記載の住所に資料を送付します)⑥連絡先電話番号:自宅・勤務先・携帯のいずれか(日中連絡がとれる番号を市外局番から入力)⑦参加日程及び参加費(各参加日程、参集型・オンライン参加のいずれかを選択)⑧交流会参加・弁当注文の有無⑨参加費入金合計金額⑩会員種別 ※皆様からお預かりした個人情報は、本セミナー以外に使用することはありません。
      ●参加費振込先/《ゆうちょ銀行から》記号:18550 番号:11161211《他金融機関から》ゆうちょ銀行 店名:八五八(ハチゴハチ) 店番:858 預金種目:普通預金 口座番号:1116121《口座名義人》畔柳 まゆみ(クロヤナギマユミ) ※参加費入金確認後、受付確定になります。お振込みいただいた参加費はいかなる理由でも払い戻しはしませんのでご了承ください。振込手数料はご負担ください。ご利用明細票等をもちまして領収書に代えさせていただきます。なお、学会年会費納入口座とは別口座ですので、参加費以外は振り込まないようご注意ください。
      ●オンライン開催による参加方法/(1)参加登録内容及び参加費入金を確認し、受付確定をした方には、「夏季セミナーZoomミーテイングの招待(URL・ID・パスコード)」を、ご登録いただいたアドレスにメールでお送りします(2022年8月上旬)。(2)夏季セミナー開催前に、ご指定いただいた住所に夏季セミナー資料集を郵送でお送りします。
      ●その他/本セミナーと同日程(8月10日・11日)で2000人規模の「山の日」全国大会が山形市で開催されます。宿泊等につきましては各自で早めの手配をお願いします。
      ●問い合わせ/【研修内容について】日本健康相談活動学会研修運営委員会 seminar@jahca.org【セミナー申し込み・参加費振込について】第17回夏季セミナー実行委員会 yamagata2022summer@gmail.com
      2022年08月19日 【広島】 第6回JKYBライフスキル教育セミナー(福山)
      レジリエンシー(しなやかに生きる心の能力)を育むJKYBいじめ防止プログラム
      日時 2022年8月19日(金)9:30~16:30
      会場 まなびの館ローズコム(生涯学習プラザ)4階中会議室(広島県福山市)
      ●内容/本セミナーでは、「人生上の変化や課題に適応し、困難な時に回復する能力や特性」であるレジリエンシーを育てることによって、「いじめを受けない、いじめをしない、いじめを見た時に被害者を助ける」児童生徒を育成することを目指すJKYBいじめ防止プログラムの理論と実際について、体験的に学習します。【セミナーの主な内容】いじめの実態と影響、レジリエンシー形成を基礎とするいじめ防止の内容と方法、目撃者の行動変容に焦点を当てたいじめ防止の内容と方法
      ●定員/40名
      ●講師/川畑徹朗(神戸大学名誉教授)ほか
      ●参加費/一般5,000円、JKYB会員及び学生4,000円(テキスト「レジリエンシー(しなやかに生きる心の能力)を育むJKYBいじめ防止プログラム―小学校高学年版―」代を含む)
      ●申し込み方法/メールのみの受付となります。下記の必要事項をご記入のうえ、申し込み先メールアドレスに送信してください。(申し込み締切:2022年8月12日(金))【申し込み先メールアドレス】jkybws-seminartyushiko@memoad.jp【件名欄】「第6回JKYBセミナー福山申込〈氏名〉」とご記入ください。(例)第6回JKYBセミナー福山申込川畑徹朗【参加申し込みメール必要事項】①氏名②ふりがな③所属(勤務先等)④職種⑤連絡先電話番号⑥連絡先メールアドレス(パソコンのアドレスのみ、携帯のアドレス不可)⑦JKYB主催のワークショップ参加経験の有無(ある、ない のいずれか)⑧会員番号(JKYB会員のみ)*⑥のアドレスにプログラム等を配信します。そのため、携帯電話のアドレスではなく、パソコンのアドレスをお知らせください。*申し受けた個人情報は本セミナー以外には使用しません。「連絡先メールアドレス」はご案内の送付のみに使用します。お差し支えなければご自宅のアドレスをお知らせください。
      ●問い合わせ先/JKYBライフスキル教育研究会事務局 〒664-0836 兵庫県伊丹市北本町2-55-1 クレール北本町102 川畑徹朗方 TEL./FAX.072-744-3665 jkybls@kfy.biglobe.ne.jp *電話はお問い合わせのみで受付はいたしません。
      2022年08月20日 【オンライン】学校救急看護学会主催 第11回養護教諭のための職務研修会
      夏季ワークショップ:医療の現場から学ぶ救急処置
      日時 2022年8月20日(土)9:30~12:30
      開催方法 Zoomによるオンライン開催
      ●内容/「ハンズオフABC・ハンズオンABCDEを用いた緊急度重症度判断」(仮)。医療現場における最新の医療・看護についての知識や理解を深め、学校救急看護における緊急度・重症度の判断と救急処置技術等の向上を目指します。なお、内容等は一部変更される場合もありますので、ご了承ください(参加者には事前に資料を郵送し、終了後、受講証明書を発行します)
      ●講師/坂本彩香(筑波大学附属病院救急・集中治療科医師)、城戸崇裕(同小児科医師)
      ●募集人数/250名 *申し込み・振込み完了者が人数に達した時点で締め切ります。
      ●申し込み並びに参加費振込み期間/2022年6月1日(水)~7月11日(月)厳守
      ●申し込み方法/以下の①メール→②参加費振込みの順番でお申し込みください。〈①メール〉夏季WS申込み用メールアドレス(99ws.summer@gmail.com 本アドレスはワークショップ専用です。学会事務局のアドレスとは異なります)にメールタイトルを「WS申込み」として、下記の①~⑧を記載して、お一人ずつご送信ください。いただいたメールアドレスにZoomの専用URL等を配信しますので、必ず当日参加可能なメールアドレスにてお申し込みください。《記載内容》①名前②フリガナ③所属④学会員かどうか(学会員・非学会員の区別。学会員は会員番号を記入)⑤資料集送付先の郵便番号・住所(学校の場合は学校名も記入)⑥連絡先(電話番号・携帯番号・FAX番号など日中連絡が取れるものを記入)⑦本学会夏季ワークショップ参加状況(初回・2回目・3回目・4回目・5回以上)⑧質問事項(簡潔にご記入ください。講義中にすべての質問に回答があるとは限りません。あくまでも講義内容の参考にさせていただくものです)〈②参加費の振込み〉下記口座に参加費をお振込みください。振込用紙の通信欄に「ワークショップ参加費」と記入してください。振込み後の返金はできませんのでご注意ください。事務局にて上記の①②を確認後、2週間以内に受付完了をメールでお知らせします。参加費振込み後2週間を過ぎても連絡がない場合は、夏季WS事務局までお問い合せください。
      〔郵便振替口座〕00110-6-545296 加入者名:日本学校救急看護学会
      ●参加費/学会員1,000円(2022年度までの会費振込完了者。2022年度の会費が未納の方は、年会費5,000円とあわせて6,000円の振込みも可能です)、非学会員2,500円(参加費・通信費・資料代を含む)
      ●留意事項/①本研修会はオンライン開催となります。申込み期間内に参加申込みを完了した方のみ参加が可能です。当日の参加申込みはできません。②事務局からの受付完了等の連絡が「迷惑メール」に届いている場合がありますのでご確認ください。③資料集は事前に郵送します。またZoomでの研修会に入室するためのURL、ミーティングID、パスコードをお申し込みいただいたメールアドレスに事前配信します。④講師の都合等により当日開催できなかった場合には後日、対応についてご連絡します。⑤インターネット上のトラブルを回避するため、Zoomを最新バージョンにアップデートし、通信環境が整っている場所からのご参加をお願いします。
      ●問い合わせ先/夏季WS事務局 99ws.summer@gmail.com
      2022年08月20日 【オンライン】書類整理講座〔保健室編
      日時 ①2022年8月20 日(土)14:00~17:00②2022年9月10 日(土)8:00~11:00
      ●開催方法/オンライン開催(Zoomを使用します)※Zoomミーティングが初めての方は個別で事前に使い方・アクセス確認をお手伝いします。お申し込み時にお知らせください。
      ●対象/現職の養護教諭
      ●受講料/18,500円(ファイリング初回キット付き、送料込み)※整理収納講座・基礎編 (7月27日)と一緒にご予約いただくと2,000円引きになります。
      ※FBグループを使っての1か月のアフターフォロー付き
      ●定員/各6名程度
      ●内容/年々、溜まっていく書類、どのようなに整理・収納していますか? 保健室の環境改善にも必要な書類の整理・収納の基本を知り、即実践できるファイリングシステムについて学びます。夏休み明け、年度末に備えて書類とのモヤモヤから解消されましょう。実際に、受講してくださった先生からの実践の報告も届いています。保健室環境を快適にする書類整理の基本・書類を機能的に保管する収納ポイント・書類を探さない仕組みづくり
      ●申し込み方法/詳細ページ(https://kurashi-kata.com/hokenshitu_seiri/)からお申し込みください。定員になり次第受付終了。事前入金のご協力をお願いしています。
      ●申し込み締め切り/各開催日の2週間前まで
      ●問い合わせ/info@ouchistyle.comまたは080-4044-3929(担当:米村)お電話は17:00以降に折り返しご連絡します。
      2022年08月21日 【オンライン】日本学校健康相談学会第20回ワークショップ
      日時 2022年8月21日(日)10:00~16:00
      ●開催方法/オンライン(Zoom)
      ●内容/本学会は、養護教諭の行う健康相談の実践を支える理論の構築を目指して発足しました。本ワークショップにおいては、事例検討を丁寧に積み重ね、事例研究へと導いていくことが理論構築の一助になると考えています。上記のテーマのもと本年度は、養護教諭として様々な事例検討を経験してきた会員から、事例検討との出会いや養護教諭にとっての事例検討の意義、事例検討によって自分がどのように変化していったかなどをうかがい、養護教諭にとっての事例検討の意義を考える時間にしたいと考えております。さらに、その魅力を体験していただけるようにWebによる事例検討会も企画しております。Webによる事例検討では、事例の情報提示において、個人情報保護の観点から困難が多々ありますが、養護教諭自身に焦点を当て、Zoomを使ったWebの事例検討だからこそできる手法で、子どもや子どもをめぐる問題に対応する養護教諭がどう考え、どのように行動しているのかを学び合います。たくさんの皆様の参加をお待ちしております。〔日程〕午前:数々の事例検討を体験し、その実践を論文にした会員から、体験を伺います(質疑応答)。午後:ワークショップ(事例検討会)1本の事例をグループに分かれて検討予定です。
      ●申し込み方法/2022年7月22日(金)までにhttps://forms.gle/pGf1EBzQ6bKDdC8eAに接続してアンケートに答え、申し込んでください。
      ●参加費/無料
      問い合わせ/黒子彩子(杏林大学保健学部健康福祉学科) 〒181-8612 東京都三鷹市下連雀5-4-1 杏林大学井の頭キャンパス TEL.0422-47-8000(内線2545) ayako-kuroko@ks.kyorin-u.ac.jp
      ●学会HP/http://school-health-counseling.jimdofree.com/
      2022年08月23日 【オンライン】小学館せんせいゼミナール「成長曲線から子どもが見える!」講師:小林正子先生

      ●期日/2022年8月23日(火)19:00~20:30
      ●内容/保育・教育の現場では成長曲線の記入は推奨されています。そこにはたんに子どもの成長のみならず、重篤な病、悩み、家庭環境の問題が隠されているかもしれません。小林正子先生に成長曲線の重要性を解説していただき、現代の子どもの発育について考える講座です。
      ●参加費/2,200円 ※2週間の見逃し配信あり
      ●詳細・お問い合わせ/https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02chikciuje21.html
      2022年08月27日 〜 2022年08月28日 【富山】日本地域看護学会第25回学術集会
      会期 2022年8月27日(土)~28日(日)
      会場 富山国際会議場(富山県富山市)および一部Web開催 ※現地会場(メインプログラム、市民公開シンポジウム、ワークショップ)とオンライン(一般演題:オンデマンド配信によるオンライン発表とし、一定期間視聴可能。質疑応答は掲示板により実施)でのハイブリッド形式。予定であり、今後変更の可能性があります。
      ●内容/学術集会長講演「当事者・家族の暮らしの場で生活を護る地域看護」田村須賀子、特別講演「地域看護への期待:看護職の自立のために」上野千鶴子、教育講演1「‘家族の総意’をどう作り上げるか:解決志向型の家族システムアプローチ」柳原清子、2「住民主体の共生型地域づくりとAAR循環」堀田聰子、3「今、あらためて働き盛り世代への健康アプローチ」大神あゆみ、4「ポストコロナ禍の保健師の現任教育」佐伯和子、シンポジウムA「個々のニーズに向き合い対応していくことにより着実に積み上げる保健師活動」松下光子ほか、B「地域でともに生きる」佐藤伸彦ほか、C「地域包括ケアに必要な多職種間の情報共有を支えるICTの利活用」金井秀明ほか、指定集会1「生活と医療を統合する継続看護マネジメント:実践への活用」長江弘子ほか、2「地域で守る子どもの健康~ネット依存~」山田正明ほか、3「ポストコロナ禍の訪問看護」加藤真理子ほか、4「生活保護利用者の健康自己管理支援」谷山牧ほか、市民公開シンポジウム「アフターコロナ禍の自殺対策:地域で起きた分断の回復に向けて」立瀬剛志ほか ※いずれも予定、今後変更の可能性があります。
      ●参加費/〔事前申し込み(2022年6月30日まで)〕会員10,000円、非会員12,000円〔当日申し込み〕会員・非会員とも12,000 円、学生(院生を除く)3,000円 ※講演集はPDF ファイルのダウンロードとなります。
      ●事前参加申し込み/〔期間〕2022 年1月11 日(火)~6月30 日(水)24:00〔方法〕日本地域看護学会第25回学術集会HP(https://jachn25.yupia.net)よりオンライン登録のうえ、2022年6月30日(水)までに参加費をお支払いください。
      ●問い合わせ先/第25 回学術集会運営事務局 〒456-0005 愛知県名古屋市熱田区池内町3-21(株)ユピア内 jachn25@yupia.net TEL.052-872-8101(平日10:00~16:00) FAX.052-882-9612 (入会申し込みおよび住所・所属変更など 土・日・祝日を除く10:00~17:00)日本地域看護学会事務センター 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-1-1 オザワビル2F (株)ワールドプランニング内 TEL.03-5206-7431 FAX.03-5206-7757 ckango@zfhv.ftbb.net
      2022年08月28日 【千葉】2022年夏のカウンセリングワークショップ 人付き合い 心得手帳
      日時 2022年6月19日・7月17日・8月28日(すべて日)各13:00~17:00
      会場 北松戸会館(千葉県松戸市)
      ●内容/偶然を必然に変えていくめぐりあいのふしぎさ、出会いの尊さ。今日という「人生」の「一日」にも出会いの「旅」がある。今日も行くところがある、今日も用事がある、なんと幸せなことでしょうか。その創り出す心とコツとは…。訪ねておきませんか! 見ておきませんか! 話しておきませんか! 人と触れあうことに遠慮がちに受け身でいたあなたを出会いに向けて後押ししてくれた働きは何でしたか?(参考図書:富田富士也著『ココロの日にち薬』『心が少しラクになる本』『引きこもり一週間脱出法』『子どもと心が通うコミュニケーションの極意』ほか)
      ●受講費/1回8,800円(3回通し23,760円)
      ●定員/各回先着15名以内(感染症対策をとってご参加ください)
      商品点数:0点
      合計金額:0円(税抜)
      カートを見る

      イベントカレンダー詳細

      8月
      1
      2
      345
      6
      7
      8
      9
      10
      11
      12
      13
      14
      15
      16
      17
      18
      19
      20
      21
      22
      23
      24
      25
      26
      27
      28
      29
      30
      31

      ※赤字は休業日です