商品点数:0点
合計金額:0円(税抜)
カートを見る
  • 定期購読のご案内
  • 学割!健康教室のご案内
  • 健康教室「見本誌」の申込み
  • 健康教室「最新号」の立ち読みをする
  • 身近な職務のアンケート みんなの平均はどのあたり?

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

Web限定コンテンツ一覧

対談☆見て触って学べる掲示物作り

養護教諭の先生方は多忙な中、さまざまな工夫をして掲示物を作られていると思います。子どもたちが見るだけではなく、足を止め、学びになるための掲示物を作るには、ご苦労も多いのではないでしょうか。このコーナーでは「掲示・・・

続きを読む

著者インタビュー一覧

近日公開!

「健康教室」でお馴染みのあの先生に編集部が独占インタビュー!? 連載に込められた先生の思いをお伝えいたします。  

ただいま製作中!一覧

近日公開!次の新刊は…???

現在、製作中の新刊情報をHP限定で一足お先にお届け!! 製作中ならではのレア情報も…??

読者レビュー一覧

健康教室

健康教室 2018年7月号
話題が豊富!紙質も 変わり読み応えがあ ります。


改訂 養護教諭のための保健・医療・福祉系実習ハンドブック

養護教諭必携シリーズNo.5

改訂 養護教諭のための保健・医療・福祉系実習ハンドブック


編著:中桐佐智子・岡田加奈子
著者:石田祥代・遠藤伸子・大谷尚子・葛西敦子・楠本久美子・齊藤理砂子・佐藤伸子・佐藤秀子・芝木美沙子・高畠安代・竹鼻ゆかり・津村直子・徳山美智子・中村朋子・福田博美・古川ツネ子・本田優子・前久保恵・道廣睦子・三村由香里・宮城由美子
ISBN: 978-4-8278-1518-4
定価: 本体価格 2,300円 +税
数量:
養護教諭養成課程において、保健・福祉関連施設での実習の手引書となっている『養護教諭のための保健・医療・福祉系実習ハンドブック』が改訂されました!
改訂では、法改正に加え、近年、子どもの健康・発達課題が多様化、複雑化するなかで、養護教諭がコーディネーターとしての役割も求められることから、各種の連携先の記述についても追加しました。
学生の方はもちろん、養護教諭の方にも大変参考になる書籍です。

目次

Ⅰ 総論編  
 1 保健・医療・福祉系施設における実習   
  1)保健・医療・福祉にかかわる子どもの状況   
  2)臨床実習から保健・医療・福祉系施設における実習へ    
  3)養護教諭カリキュラムにおける本実習の位置づけ    
  4)実習の場   
  5)連携の対象となる人  
 2 保健・医療・福祉系施設における実習の目的  
 3 本実習の形態  
 4 実習生の心得・実習のルール・留意点   
  1)実習生の心得・学び方   
  2)実習のルール・マナー

Ⅱ 各論編  
 1 医療系施設における実習   
  1)医療系施設   
  2)実習の目的   
  3)実習の目標   
  4)オリエンテーション   
  5)実習方法   
  6)受け持ち患者の看護過程・記録(受け持ち患者を持つ場合のみ)   
  7)各科に共通して見学・参加可能な実習内容   
  8)各科実習とその具体的展開    
   (1)小児科の実習    
   (2)精神科・神経科の実習    
   (3)内科の実習    
   (4)外科の実習    
   (5)整形外科の実習    
   (6)眼科の実習    
   (7)歯科口腔外科の実習    
   (8)耳鼻咽頭科の実習    
   (9)皮膚科の実習    
   (10)産科・婦人科の実習   
  9)記録(用紙)   
  10)評価  
 2 保健系施設における実習   
  1)保健所・保健センター   
  2)精神保健福祉センター  
 3 福祉系施設における実習   
  1)児童福祉に関連する施設    
   (1)児童相談所    
   (2)福祉事務所    
   (3)児童養護施設    
   (4)自立援助ホーム    
   (5)乳児院    
   (6)母子生活支援施設    
   (7)知的障害児施設    
   (8)児童発達支援センター    
   (9)児童自立支援施設    
   (10)保育園(保育所)    
   (11)児童館    
   (12)学童保育    
   (13)教育支援センター(適応指導教室)    
   (14)具体的展開例(肢体不自由児施設)   
  2)高齢者に関連する施設   
  3)障害者福祉に関連する施設   
  4)各種相談支援センター   
  5)社会福祉協議会  

Ⅲ 実技編  
 1 フィジカルアセスメントとバイタルサインのチェック   
  1)フィジカルアセスメントの基本と留意点   
  2)フィジカルアセスメントに用いる技術と方法  
 2 生活の援助   
  1)安楽な体位と移動の援助   
  2)病室環境の整備   
  3)寝衣の援助   
  4)排泄のケア   
  5)罨法のケア   
  6)清潔の援助   
  7)食事の援助  

Ⅳ 資料編  
 1 バイタルサインについて  
 2 検査の正常値一覧  
 3 難しい用語の読み方  
 4 英文用語  
 5 略語集  
 6 肢体不自由児施設と関連のある疾患・症状  
 7 看護者の倫理綱領(日本看護協会、2003年)  
 8 ヘンダーソン、ロイ、オレム、エリクソン、ピアジェの理論概要   
  1)ヘンダーソン、ロイ、オレムの視点   
  2)エリクソンの漸成的人間発達理論   
  3)ピアジェの認知的機能に関する発達理論  
 9 特別支援学校等における医療的ケアへの今後の対応について  
 10 医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について

参考文献

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

最新看護学

定価:本体価格 2,300 円+税